喜ばれる出産祝いとは

出産は女性にとって、人生のビッグイベントです。友人や会社の同僚、親戚が出産した際、どのような出産祝いをすれば喜ばれるでしょうか。簡単なようで、案外難しいものです。仲がとても良い友人であれば、どのような出産祝いをもらったらうれしいか妊娠中にさりげなく聞くのも、良いでしょう。または、身近に出産経験者がいれば、当時どのような出産祝いが一番うれしかったか、聞いても良いかもしれません。ここで一つ注意したいのが、出来るだけ最近出産した人に聞くことです。数十年前に出産した親世代の人達では、記憶が曖昧である上に、ベビーグッズも現在と昔では大きく異なります。ベビーグッズはどんどん進化していっていますし、流行りのブランドもあります。ここは記憶が新しい、現役育児ママに聞くのが良いでしょう。身近で相談する人が特にいなければ、インターネットの口コミなども活用出来ます。

最近は、育児ママのサイトも増えていますので、出産祝いランキングなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。次に、いつ出産祝いを渡すのが適切であるか考えてみましょう。妊娠した女性の多くは、一般的に安定期と言われる妊娠5ヶ月頃に周囲に妊娠して旨、報告します。ただし安定期とは言え、妊娠されてる方にとっては、出産するまで安心することは出来ません。そういう訳で、出産祝いを渡すのは、出産後が適切でしょう。出産直後は、ママ自身も大きな仕事を終えてゆっくりしたいでしょうし、出産後1週間程度は入院している可能性が高いので、産後1週間以降にしましょう。ただし、里帰りをされていて自宅にいない可能性もあるので、産前にそれとなく里帰りをするのか聞いておいた方が良いでしょう。では直接手渡す場合はいつごろが適切でしょうか。出産はとても体力が必要ですので、昔から大半の方は産後1ヶ月は安静にしています。安静にしている中、自宅に訪問する場合はできるだけ短時間で済まして、育児がなれる産後半年後くらいに、また訪問すると喜ばれるでしょう。配送でも、訪問でも出来るだけ産後1ヶ月以内が望ましいと思います。なぜなら、多くの出産したママは、お祝いをいただいた方を中心に、内祝いの品を準備するからです。

最近はインターネットで簡単に注文出来ますが、何度も内祝いの品を手配するの大変ですので、皆さんが祝いの品を送っているであろう時期に合わせるのが適切でしょう。お祝いする中で、一番大切なのは、相手のことを精一杯思いやることです。この、思いやりが相手にも伝わった時が、もっとも喜ばれる出産祝いとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*