友人から出産祝いを頂く

2月 1st, 2013

私は、2011年の10月に第一子となる女の子の赤ちゃんを出産しました。私にとっては初めての妊娠と出産だったので、わからないことだらけで、しかも初めてのことばかりでした。出産前には体調の良い時を見計らって、主人や実家のお母さんと一緒に、生まれてくる赤ちゃんのために出産準備品を購入したりしました。出産準備品としてベビーベッドや赤ちゃんの布団セットだったり、ベビーカーや沐浴バスに沐浴セット、チャイルドシートや赤ちゃん用の椅子、オムツや肌着にバスタオルなどを購入しました。しかし、私は事前に妊婦健診では赤ちゃんの性別は聞かないことにしていたので、生まれてくる赤ちゃんは男の子なのか、女の子なのかはわからず、ベビー服はあまり購入していませんでした。ベビー服については、最低限度の枚数を、白や黄色など男の子でも女の子でも使えそうな色のみを購入していました。

そうして、生まれてきた赤ちゃんは女の子だったので、産まれてからピンクや赤などの女の子色のベビー服を買わなければなりませんでしたが、私が出産したことを知って、友人たちからたくさん出産祝いとしてベビー服を頂き、可愛らしいピンク色のものや、フリフリのレースの付いたものだったり、オーガニックコットンでできたベビー服や靴下などを頂いて助かりました。出産祝いには、ベビー服以外にもブランケットや、布絵本だったり、授乳枕やガラガラなどの赤ちゃんのおもちゃや、離乳食グッズのセット、マザーズバッグやオーガニックコットンのバスタオルなどを頂きました。頂いた出産祝いは、どれもこれから使える物ばかりで非常に助かりました。特にオーガニックコットンの製品は、赤ちゃんの肌は敏感で繊細で刺激に弱いので、オーガニックなどの肌に優しい製品が良いとはわかっているのですが、値段が高いので、自分ではなかなか購入することができないので、出産祝いとして頂けて、とてもありがたく感じました。出産祝いには、自分ではなかなか購入しそうにないものだったり、欲しいけれど高くて、なかなか手の届かないようなものなどを頂けると嬉しいです。また、出産経験があって、実際に育児をしているママ友からの出産祝いは、頂いて使いやすいものや必要だと感じる物だったり、便利なものが多くて実用的だったので、本当にありがたかったです。

私もこれから友人に赤ちゃんが生まれて出産祝いを贈るときには、便利グッズをあげたいです。